スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
海のエジプト展の魅力
まだ暑い日が続きますが、虫の音に秋の気配を感じます。


先日、横浜開港150周年記念のイベント、

『海のエジプト展』に行きました。



0952egypt.jpg

かつて海に沈んだ帝国の遺産が引き上げられ、

慎重に丁寧に研究・復元された展示場。

世界史の教科書を紐解くよりはるかに、興味深い。

ヒエログリフなどは、当時の人が、意思伝達の言葉として

理解していたのかと思うと、すごい。

青銅や花崗岩のものが多かった。

その中で、’金’の存在感はとりわけ凄かった。



ところで、この花崗岩とは、火成岩の一種(御影石など)。

花崗岩のスフィンクスが、長く海底で

その形を保っていたほど、、耐久性のある素材とも

言えます。

唯一熱に弱いものの、製造の段階で特殊な加工が

され、住宅の建築(外装など)や造園でも使われる素材です。



このエジプト展は、9月23日まで開催ですので、

ぜひ足を運ばれてはいかがでしょう?



スポンサーサイト
【2009/09/07 15:40】 | 学び | page top↑
予防という考え
こんにちは、井戸倉企画です。



先日、大阪で歯医者をされている方の話を聞く機会がありました。

こちらの医院では、虫歯にならないように歯医者にかかる、

『予防医学』の考えをお薦めしている。



我が身を振り返ってみても、確かに、『痛くなったら』慌てて

駆け込み、予想以上の治療に要することが多かった。

忍耐であったり、時間であったり、費用であったり。。。



住まいも同じ。

『本当に支障が出る』前で、メンテナンスなり修繕をする。

これが理想であり、結果満足な住まいに繋がることも。

リフォームは、それなりに期間も必要になります。

一度、『予防住宅』という視点でご自宅を見渡すと、いかがでしょう??



この考えが広まるといいなぁ、と思う。

【2009/08/07 12:56】 | 学び | page top↑
福祉住環境コーディネーター
こんにちは、井戸倉企画です。

早いもので、お正月からもう2週間経ちました。
先日は、鏡開きのお汁粉を堪能し、甘味の好きな私には
とても嬉しい風習です。

さて皆さん、
 『福祉住環境コーディネーター』 という資格を
ご存知でしょうか。

資格社会、とも言われる日本において発足したのは
1999年ですから、歴史としてはまだ浅く
認知も低めかと思います。
ですが、高齢化、病気、障害などを考慮した
住環境整備(建築・医療・保険・福祉(用具)など)を
考える上で役立つ資格です。

高齢化におきましては、よりバリアフリーの性能を
考慮した住宅へのアドバイスが出来ます。
障害をお持ちの方への、自立を助ける住宅、
また介助をされる方にもより介助をしやすい環境への
アドバイスなどが出来ます。

例えば、手すり一つを取り付けるにも、
握り手の太さであったり、
使う方のちょうど良い高さがあったり、一人ひとりで
違いがあるのです。

また例えば、ご病気の症状、性質、進行度によっても
ただ補助用具を使用すれば良いのではなく、
場合によってはご自宅で不便を誘発する場合も
考えられたりします。

様々な要素を知って、その上で、
より自立の出来る環境を共に計画することが
この資格の役割の一つです。

現在は、住宅改修における支援制度も
充実してきております。
知らなくて、ご不便を強いられているままと
諦めてしまっていませんか。
その前に、一度目を向けて見られたら、
案外快適な生活への一歩となるかも知れません。


【2009/01/15 14:36】 | 学び | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。