スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
福祉住環境コーディネーター
こんにちは、井戸倉企画です。

早いもので、お正月からもう2週間経ちました。
先日は、鏡開きのお汁粉を堪能し、甘味の好きな私には
とても嬉しい風習です。

さて皆さん、
 『福祉住環境コーディネーター』 という資格を
ご存知でしょうか。

資格社会、とも言われる日本において発足したのは
1999年ですから、歴史としてはまだ浅く
認知も低めかと思います。
ですが、高齢化、病気、障害などを考慮した
住環境整備(建築・医療・保険・福祉(用具)など)を
考える上で役立つ資格です。

高齢化におきましては、よりバリアフリーの性能を
考慮した住宅へのアドバイスが出来ます。
障害をお持ちの方への、自立を助ける住宅、
また介助をされる方にもより介助をしやすい環境への
アドバイスなどが出来ます。

例えば、手すり一つを取り付けるにも、
握り手の太さであったり、
使う方のちょうど良い高さがあったり、一人ひとりで
違いがあるのです。

また例えば、ご病気の症状、性質、進行度によっても
ただ補助用具を使用すれば良いのではなく、
場合によってはご自宅で不便を誘発する場合も
考えられたりします。

様々な要素を知って、その上で、
より自立の出来る環境を共に計画することが
この資格の役割の一つです。

現在は、住宅改修における支援制度も
充実してきております。
知らなくて、ご不便を強いられているままと
諦めてしまっていませんか。
その前に、一度目を向けて見られたら、
案外快適な生活への一歩となるかも知れません。


スポンサーサイト
【2009/01/15 14:36】 | 学び | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。