スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
無題
この度の東日本大震災に始まり、さまざまな被害、
被災、今も過酷な状況下にあります方々、皆さま、
心よりお見舞い申し上げます。

私の生活エリアでも、数回の計画停電や交通手段への
影響がありましたが、逆にこの程度の生活の支障であり、
今までの便利さなどを思い、恐縮致します。

事業は、引続き経営いたしております。
少しでもお役に立てるよう最大の尽力を
させて頂きます。
  
                   (株)井戸倉企画



今回の災害では、津波の恐ろしさを
見せつけられましたが、同時に思い出すのが、
生前の祖父の言葉です。

中学、高校時代より電車通学をしたり、
保護者の居ない時に災害が起きた場合の事を、
日頃から言われていました。

「津波が来たら、真っ先に山(高いところ)に
登るように。小田原だったら、城山の高台でも
いいから。」

「電車が止まったら、自分で歩いてくるしかない。
喉が渇いたとき、例えば飲み物1つ買うとして、
同じ1万円を持っていても、1000円を10枚持って
いた方がいい。お釣りが無いと言われたら、
1万円で買うしかない。」と言って、2000円は常に
手元に持たせてくれていました。

大事な事を教えてもらっていた。
実体験に勝る対処法は、どれ1つ取っても
大切なことで、今になって身にしみる思いです。


スポンサーサイト
【2011/04/06 11:06】 | 仕事 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。